上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
This will be the last about the Discovery thing.
TV show is called "Cafe Racer" on HD Theater which belong to Discovery Channel I think.
In United States every Wednesday 9pm.
I dont know any other countly's schedule...
Next week will be our show 24th Nov.
Also we are gonna on TV 3 weeks in a roll means 24th Nov,1st Dec and 8th Dec.

http://www.caferacertv.com/

えぇと、今回がDiscoveryに関しての一応最後になりそうな予感。
TV showのタイトルは「Cafe Racer」。
HD Theaterっていう番組で毎週水曜日夜9時からやってます。
あぁ、一応、これはあくまでもアメリカでの話ね。
日本とかほかの国だとどうなんだろ???
で、来週の水曜日、24日からうちのお店のお話が始まります。
3週間にわたってやるので、24日、12月1日、12月8日の予定。

アドレスは上にあるやつね。
まぁ、もし見ることができたら見てみてくださいな。


DSC06671.jpg DSC06672.jpg
When we gotta the bike BSA A7 1958
Same as Hugh's age
バイクを引っ張ってきた時
1958 BSA A7
うちのオーナーのHughと同い歳。
まぁ、そんな理由もあってこのバイクにしたんだけどね。

DSC06673.jpg DSC06674.jpg
Hugh found this bike from somewhere and somebody.
I have no idea about this bike.
This bike has been sitting for long time outside middle of nowhere...
Hugh がどこから引っ張ってきたのか知らないけど、まぁ、ぼろぼろだわ。
割と長いことドコカに放置されてたんだろうかと。


DSC06676.jpg DSC06677.jpg DSC06680.jpg

'58 means...more than 50 years ago!!
Oh thats right! I said same as Hugh's age, didnt I?
Exactly 52 years old...
58年ってことは・・・50歳は越えてるわけだ。
って、そういや、Hughと同い歳ってさっき言ったじゃんね?
ってことは52歳だ。。。古っ!


DSC07604.jpg DSC07597.jpg
We spent whole last winter to build this bike.
Every parts came over from everywhere like London or Tennessee or middle of nowhere.
So many people gave us a help.
去年の冬は、ほぼこのバイクを作るのに時間を費やしたなぁと。
今思えば。
あっ、でもそんなことも無いか。
仕事終わってからは自分のレースのバイク作ってたわ。
でも、普通の仕事もあり、このCafe Racer Projectもあり、で、さらにRaceのBikeも作ってたんだ。
割と忙しかったなぁ。
毎日帰るの遅かったしなぁ。
でも沢山の人が助けてくれたなぁと。
結局このバイクを作るのに当たって、部品が世界中から勝手に集まってきた。
イギリスからも来たし、アメリカ内もテネシーとか言うわけのわからないとこから来たり。
沢山の人の助けがあって出来上がった1台。


IMG_3312.jpg IMG_3316.jpg
Im so glad to be part of this time @ sixth street specials.
The owner Hugh Mackie gives me everything.
He gave me the opportunity to go racing, skills and knowledge, friends and this TV thing.
He would never see this BLOG thing but wanna say really THANK YOU.

First time I met him, I asked him "Are you hiring?"
He said "NO".
Also he said "If you wanna be part of this 6th street specials, you have to be here".
Now I think I can say Im part of sixth street specials.

いやぁ、今回こうして六丁目スペシャルズ(sixth street specials)としていれることを、
本当に、感謝してます。
うちのオーナーのHugh Makieには、ほんとすべてをもらったなぁと。
レースに連れて行ってくれたり、知識や技術、友達、そしてこういったTVの取材。
まぁ、あのおっさんはこういうBLOGなんて見ることは無いとはおもうけど、
本当に感謝してます。

初めてHughに会ったときに、「バイト募集してる?」って聞いたんだよね。
そしたら、即答で「NO!」って。
でも、そのあと「もし、この6th street specialsの仲間になりたいなら・・・
う~ん。日本語にするとちょっと違うなぁ。
ここまで書いてて、ちょっとニュアンスがちがうなぁと。
日本語ならなんていうだろ???
もし、おれらの仲間になりたいなら、ここにいないとな???
なんか違うなぁ。。。
If you wanna be part of 6th street specials, you have to be here.
まぁ、そのままだ。

要するに、そのとき言われたことが、今になって、
やっと、おれも6th street specialsの一員になれたかなぁ?って。
スポンサーサイト
Last time was talking about seized motor right?

How lucky we are!!
We had a A10 @ basement.
Also it has alloy head as wee.
This is like a miracle!!

Hugh servised this bike 5 or 7years ago...he said...

I hope this motor will be OK.

前回は、エンジンを焼き付けたところまでのお話でしたね。

さて、その後ですが。
なんとなんと、うちの地下に同じA10があり、
しかも、アルミのヘッドが載ったものでした。
まぁ、そりゃぁ、奇跡としか言いようが無い。
さらにさらに、Hughが5年だか7年だか前にEGはオーバーホールしたとかしてないとか。
もうそこは信じるしかないよね。


DSC07600.jpg
We took a motor out from this.
ということで、エンジン降ろして


DSC07601.jpg
This is the donor motor
Just in case, you can see No27 is the Gold Star Rigid Flat Track Racing Project.
これが移植されるエンジン
ちなみに、後ろに見える27番は、Gold Starの50年代のFactory Original Flat Track Racing Project


DSC07602.jpg
When we opend the seized motor, crank was seized...
not the piston...
Shit!!
焼きついたエンジン開けてみたら、ダメでした。
クランクが焼きついてました。


DSC07603.jpg
Josh who used work here @ 6th street Specials almost 10 years ago visited NYC.
He helped me to put this motor out and motor in!
Thanx Josh !!
たまたま、10年くらい前にここで働いていたJoshがNYに遊び来てて、
今回のエンジン降ろすのと載せるのと手伝ってくれました。
ほんとうに助かった。


DSC07604.jpg
Finally we put motor on this bike again.
なんとかエンジンが載りました。
How can I start this today...
We have favorite sentence @ our shop.
which is...

"Shit happens"

as usual...

Ok, here is wats going on.

We finished our project for Discovery Cafe Racer.
Hugh took test ride couple times.
Down the block and up the block, zip zip.
I had another bike which is usual job I had to test ride.
Then Hugh was like

"Hey Fumi! Why dont you test ride this BSA as well?"
"Ok I can do that, but after this bike"

so I took test ride customer's bike first.
then I took BSA to test ride.
I rode it nice and easy to check handling, acceleration, suspension, sound of EG and so on.
I zipped around couple blocks then Hugh was like

"Why dont you go more?"

OK boss man!
then I rode up to E Houston Street which is little bit longer and bigger street.
Motor was nice and easy!
I saw the Red signal @ intersection.
I hit brake to reduce speed and also checking the brake work.
When I hit the brake couple time then I heard the sound which is I havent heard for 10 years...
If you have ever had the Seized situation, you recognize this sound.
Also you never gonna wanna hear that sound.

I seized this motor...
2 days before of last filming...

Shit happens man...

We gotta take a part and find another engine or fix this engine.

日本語で書いていくのは、非常に大変だ。。。
簡単に書いていくと

うちの店では、よくShit Happensって言葉が飛び交う。
要するに、そういうこと。
まったくいろんなことがおきるわけで。

今回は何が起きたかというと。
こんかい、このDiscoveryのBSAを作ったでしょ?
で、Hughが何回かTestRideはしてるわけ。
って言ってもほんと1Blockとか、2Blocksとかだけなんだけど。
でも、そんなのを何回か繰り返してて、まぁ、わりといい感じだと。
そんな傍ら、別の仕事でお客さんのエンジン組みなおしたので、
ちょっとTestに行かなくちゃ行けなかったのね。
そしたら、うちのHughが

「Fumi、これも一緒にTestしてきてよ」

って。
まぁ、いいけど、これ先にやったらね。
ってことで、お客さんのバイクテストして、戻ってきて、さぁ、じゃぁ、行きますかと。
軽くBlock 1周して、まぁ、いいんじゃない?
で、数Blockまわって、ハンドリングやら、アクセルやら、サスやらを見て、
割と良くできてるなぁと体感。
で、店に戻ったら、Hughがまた

「Fumi、もっと長い距離行ってこいよ!」

と。
まぁ、いいけどってことで、East Houston stって通りは少し大きいので、そちらへ。
で、また走りながらバイクの動きを見てたら、おっと赤信号だ。
ってことで、少しずつ減速して、ブレーキをポンピングしていくと・・・
ここ10年くらいすっかり聞いてなかった、バイク屋としては一番聞きたくないあの音が。。。

はぃ、エンジンが焼きつきました。

エンジンが焼きつく時の「音」ってのがあるんだけど、
久しぶりに聞いたなぁ。
10年以上聞いてなかったもん。

さぁて、どうしよう。
このエンジン直すか、ほかのエンジン見つけて載せるか。
なんと、最後の取材の2日前の話。。。



DSC07594.jpg DSC07595.jpg DSC07596.jpg
Either way we will fix or put another engine.
We have to take this engine off.


DSC07597.jpg
I hope only piston and cylinder were seized.
Worst situation wil be crank was seized.


DSC07598.jpg
Shit! Shit! Shit!
How can this happen to me???

This is one of the day for filming.
Bunch of guys showed up and put the microphone on us and lighting and everything.
This bike 1959 BSA A7 is the same year as Hugh Mackie.
This is the one of the reason we picked this bike up as a project.
Something meaningfull.
これもまた別の日の取材の日。
全部で4回取りに来たのかな?
3回?まぁ、いっか。
ちなみに、このBSAのA7、1959年で、Hughと同い年なのね。
まぁ、そういう理由もあって、あえてこのバイクを今回のProjectに選んだってのもある。


DSC07494.jpg
This is the our BSA project right now.
We put A10 650cc motor on A7 frame which supposed be 500cc.
今んところこんな感じ。
650ccのA10Motorを500ccのこのA7のFrameに積んであります。


DSC07495.jpg
looks like filming going on right?
まぁ、なんか撮影っぽいでしょ?


DSC07496.jpg
From the back end
後ろからはこんな感じ


DSC07497.jpg
These are original parts
1959 means...more than 50 years old
まぁ、1959だから・・・50年以上前のバイクね


DSC07498.jpg
Part of filming


DSC07499.jpg
put wheels on it
looking good
Wheelsが付いてこんな感じ


DSC07500.jpg
Hugh gotta interview
Hughはインタビュー中
This Discovery project is very interesting.
Cuz we decided to rebuild BSA as a Cafe Racer.
At the time we had no idea.
No bike, no part, no idea and no money...
Hugh always says to me everything like a MAGNET.
Once you get a frame or motor or whatever you wanna build,
everything is coming themselfs.
Like this story.
今回、こうやってDiscoveryのProjectをはじめたけど、
大変興味深い。
Hughの人柄なんだろうけどさ。
最初、DiscoveryからこのProjectのOfferが入って、
やることは決めたけど、Cafe Racerっていうことしか決まってなくて。
バイクはどうする?どういう風に作る?そもそもお金ないぞ???
から始まったわけで。
Hughがいつも言うんだけど、すべてはマグネットのようなものだよって。
一つ何か、エンジンやら、Frameやらが手に入って決めれば、
あとは、部品やら何やらは勝手に向こうからやってくるんだって。


DSC07409.jpg
One day, We gotta mail from England.
There is a clip on handle bars.
ある日、Englandから郵便が届いて。
そこには、なんと、Cliponが入ってました。

We have been looking for nice clip on this project.
But we havent got yet.
We put usual conti bar from somewhere for temporaly til we get certain clip on.

This guy stop by our shop couple times when he visit NYC.
We talked about this project and told him we are lookin for the certain clip on.
Also he told us may be he has a clip on bars from Gold Star.

Finally he found and sent to us as a present.
What a nice guy he is!!
まぁ、簡単に言うと、
Clip onをずっと探してたんだけど、どうしてもいいのが無くて。
BSAのGold StarのRace Packageに入ってるClip onがいいなぁって。
で、そんなことを話してたら、
ある日。
イギリスからたまに来るおっさんがいるんだけど、その人とDiscoveryのProjectの話してて、
Clip onを探してるんだよねぇって言ったら、
もしかしたら、家に当時のがあるかもよ?って。

で、早速家に帰って探してくれたらしく、送ってくれました。
しかも、まさにおれらが探してた、Gold Starの当時モノ。


DSC07412.jpg
This is the clip on!
Wow!!


DSC07477.jpg  DSC07478.jpg  DSC07479.jpg
These are couple modification for brake pedal.
まぁ、これらはブレーキあたりのModification
プロフィール
 

2F2L

Author:2F2L
Fumi

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。