上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
Jobs | 2009/12/27(日) 22:24
おっと。
いい調子で毎日のように書いてるけど・・・
そんなに毎日書くほど仕事も無い冬。。。

と、思いきや!
今年は仕事がたくさん。
もう来月中旬くらいまで、仕事わんさか。
いいことですね。

去年なんて、仕事無くて、仕事無くて、
それでも毎月のRentは払わなくちゃいけなくてさ。
大切にしてたARDのMagnetoとかを切り売りしてたのに、今年ときたら♪
いったいどういう風の吹き回しかしら?


さて、今日はNortonのGearBoxあたりを行ってみましょうか。
今回のDonorは、Norton基、AMC(Associated Motor Cycles)。
こいつの、フルオーバーホールから。
DSC06558.jpg

あっ、その前に、AMCとは、要するに、MatchlessがAJSを買収して、
その後Norton等々と合併してできた会社ね。
で、このバイクは、そのAMC時代のNorton。


まぁ、こんな状態から始めていきましょ
DSC06544.jpg


とりあえず、元気よくふたを開けていくと・・・こんなところに落し物が
見えるかな?オイルにまぎれて、Window用のねじが1個♪
DSC06547.jpg  DSC06545.jpg


で、更に開けて行きながら、ギアの欠けとかを探して・・・
DSC06548.jpg


特に問題ないようなので、ここの2箇所のO-ringを交換して
DSC06549.jpg


ここと↓            ここも↓
DSC06550.jpg  DSC06551.jpg


これはCoverの裏側ね、この辺も全部分解洗浄して確認。
そういや、昔、Gearが入らないっていうのでばらしてみたら、
スプリングが折れてたなんてのもあったなぁとか思い出して、含み笑いしながら組んでみたり
DSC06552.jpg  DSC06554.jpg


で、Done♪ 割と、1個1個写真撮るのめんどくさいので省略
DSC06564.jpg


ついでにキャブもばらしてみたらびっくり。
Main jetが1個入ってなかったり、Needle Positionは左右違うわ、
Needle Jetが片方Concentricの106が入ってたりして、世紀の大発見!
DSC06557.jpg DSC06525.jpg


まぁ、しかし、良くこれで走ってたなぁと。
とりあえず、今日はここまで。
そろそろクランクとシリンダーが戻ってくる・・・はず。
こりゃ、年内で終わるかねぇ?
スポンサーサイト
Jobs | 2009/12/27(日) 01:04
NYCは意外と寒いんだよね。
まぁ、そりゃそうか、北海道と同じくらいの緯度じゃなかったっけかな?
先週末雪降って、うちの裏庭にはひざくらいまで雪積もったもんねぇ。

えぇ、前回半年ぶりくらいにBlogたるものを書いて、
自分の書いた文章ながら、大変面白みが感じられず、われながらがっかりし、
クリスマスを迎えた今日この頃。
有無を言わさずとにかく「書いていくことが大事」なのではと思い、
「継続は力」なりという言葉を信じて、筆を進めております。


そういえば、昔、それはそれはたいそう昔の話・・・

あれは、高校の物理の授業中のこと。

「ガタン!」

という物音で、僕は現実の世界に一気に引きずりおろされた。
さっきまで繰り広げられていた夢の世界と、
今、目の前で静かに動き出した現実の世界との境界線を、
うまく引くことができずに模索していると、
教室の視線が僕に向けられていることに気づいた。

そうか、今は授業中だ。

意識が少しずつ覚醒して行き、状況が飲み込めて行く中、
ただ、ひとつだけ確かなことといえば、
僕が何かを答えなくてはいけない状況であることということだった。

先生が僕を呼ぶ声が更なる状況を悪化させたことは言うまでも無いが、
そもそも、何を質問されているかがわかっていたら、答えているに決まっている。

ふと、先生の右肩越しに見えた黒板に、
それまでに見たことも聞いたことも無い言葉が書かれていた。


「クーロンカ」

クーロンカ?
くーろんか?
九龍華?

魁男塾の民明書房でも紹介されたことは無いであろうそのヒビキ。
それが、後に言う「クーロン力(クーロンリョク)」と呼ばれるチカラだなんて、
夢の中でも誰も教えてはくれなかった。


「継続は力なり」という言葉だけで、ここまで飛躍したところで何も中身は無いので、
さっそく今日の仕事はというと。

また、ギアが飛ぶそうです。
でも、今回は、Top Gearで、回転数を上げると飛んじゃうそう。
で、また、回転数を戻すとGearは噛むらしい。

ふむ。
しかも、Topのみ。
最初は、そりゃぁ、まぁ、Clutchかなぁ?とも思ったんだけど、
Topだけということなので、まぁ、Gearでしょ。

ということで、開けていきましょ。
ちなみに、今回用意したのはAdam CooperのChopperです。
あ、そぅそぅ。
こないだ、Motorcycle Dream Garageっていう本がでてね、
そのときの撮影にも使ったAdamのTriumph。
http://www.motorcycledreamgarage.com/image_gallery/sixth_street_specials.html
よかったら、買ってみてください。
日本でもAmazonとかなら買えるのかな?
DSC06563.jpg


Gear Box開けていくとこんな感じ。
DSC06528.jpg


で、ちなみに、やり方人それぞれだと思うけど。
僕の場合、ニュートラルにギア入れておいて、写真で見えるかな?
ここに線を書いておくと、また組むときに便利。
組むときも、このIndexを同じこの位置にしてCamplateのGearと組まなくちゃいけないので。
って、文章じゃわからないよね。
DSC06577.jpg


で、ばらしていくと・・・
Hi Gearに小さな欠け    それから、磨耗(わかるかな?)
DSC06532.jpg  DSC06570.jpg


あと、Gearが飛ぶ理由としては、いろいろ、まぁ、いろいろほんとにあるけど、
Plungerの先が磨耗してても飛ぶことあるので、一応Plungerも交換済み。
この右に見えるへんな形したチューリップ見たいのがカムプレートね。
DSC06571.jpg


で、ギアを組みなおして、
DSC06572.jpg


このように持って・・・
DSC06573.jpg


スコッ!っと入れる
DSC06574.jpg


あぁ、あと、ここに入るThrust Washerの分だけこのBearingを出しておくこと。
これ、たまに出てないのあるんだよね。
DSC06534.jpg


ついでのついでなので、ここのOil Sealも交換しておいてあげようと。
これ、よく漏るのさ。
DSC06562.jpg


で、今回の修理は完了と♪

以上。
Bikes | 2009/12/23(水) 00:22
えぇと、率直に言いまして、半年ほどBlogのことをすっかり忘れておりました。
まぁ、Blogって人それぞれのStanceがあると思うので、まぁ、そんなStanceでやっていこうかと。


さてさて、気を取り直して、今回は何を書いていこうかなぁ?って写真を見てたところ・・・
良いのを発見♪

うちの店、基本「British Vintage」ってことでやってるんだけど、
まぁ、70%がTriumph。
で、20%がBSA。
で、10%がNortonで、残りの5%がAJS。
でさらに残った5%が・・・Italia系のDucatiとか、Gileraとか。

まぁ、要するにひっくるめてあっち側。

でね、こないだって言っても、写真見てもらえばわかるとおり、
夕立の後よ。
なのでもちろん夏の話になるんだけど。

BSAのA10をうちのOwnerがどこからか引っ張ってきたときの一こま。


だいぶ汚いまま放置されてて、一通りのTune Upを施した後
A1002  A1001


元気良く走り出しましたとさ♪ でも、すぐ売れちゃった。
A1003  A1004


で、これが↓そん時の動画
http://www.youtube.com/watch?v=tRErxaE51A8


これね、結局3000ドルで売っちゃった。
おれ、買っとくんだったかなぁ???
60年代の外装そのままで、いい感じだったんだよね。


*編集後記*

久しぶりにBlogを書いて思ったことは、文才が無い。。。
文章にメリハリもないし、面白みも見出せない。
常に続けていかないと、ダメだね。

「トタ見てるかぁ!久しぶりに書いてみたぞ!」
プロフィール
 

2F2L

Author:2F2L
Fumi

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。