上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
Jobs | 2010/02/24(水) 00:28
さてさて、今日はNortonのFether Bedのお車。

そういや、日本でもFether Bedに、SR400のEGを載せてるのとか見たことあったなぁ。
でも、今思うと、それも、それでどうなんだろね???
だって、50年代のFrameだもんね。なんだかんだ言ってもさ。
60年近く前の技術だしさ。
何よりも、Materialが60年前のモノって言うこともあるしね。

ということで、今回は、JohnのFetherBed。
DSC06920.jpg


このバイク、持ち主のJohnが、どこからか買ってきたモノで。
どうやら、前の持ち主は、Raceで使ってたらしいとのこと。

でも、Historyなんて、あけてみないとわからないので、あけてみようということになりました。
正直乗った感じは、悪くないんだけどね。
でも、まぁ、冬だし、今のうちにあけておきたいって気持ちもわからなくも無い。

ヘッドを降ろして・・・
ちなみに、右の写真、組んでいくときは、この真ん中のギアと右のカムギアとの
チェーンの間隔が10コマという、設定の仕方。
最初見たときは、びっくりしたけどなぁ。
DSC06921.jpg  DSC06924.jpg


Timing内はこんな感じ。  
DSC06923.jpg  DSC06928.jpg


エンジン降ろして、さらにCaseを割っていくと・・・
DSC06929.jpg  DSC06932.jpg


で、Bearingが出てきたところで・・・
これがうわさのSuper BrandのBearing。
このBearing、Crankが高回転時に上下前後に振れてくるんだけど、
その動きをBearing内で吸収するように、Bearing自体がゆがむようにできてるんだよね。
そうすることで、Crankがゆがまない用にするというSystemらしいが。。。
DSC06933.jpg


で、Connecting Rodを見てみると・・・あれ、Shellが、ずいぶんダメだな。。。
こりゃぁ、あけてよかったかもね。
DSC06934.jpg  DSC06935.jpg


ということで、バラバラになったCrank、ConnectingRod、PistonなどをMascineShopに持ってて、
一通りバランス取りしてもらったものを・・・
一気に組んでいきましょ。
DSC07001.jpg  DSC07002.jpg


空になったFrameに、一気に腰下まで組んだEGを載っけて・・・
DSC07004.jpg  DSC07010.jpg


はぃ、Timing SideとDrive Side。
DSC07011.jpg  DSC07012.jpg


古いと、これが良くだめになる。Clutch Centerの中のゴム。
DSC06985.jpg  DSC06986.jpg


で、Drive Sideもチャキチャキっと組んで・・・
DSC07013.jpg  DSC07014.jpg


で、更にPiston載せて、Headまで一気に。
DSC07023.jpg  DSC07024.jpg


今回あけてみて、Shellがちょっと問題ありだったので、Over Size入れてあげたことと、
あと、このEG、結構本気でもともとRaceをやってたらしく、
Portやら、なんやら、Piston、ConnectingRodなど、きちんとバランス取れててびっくり。
PistonもDunstallのイカッチィPistonが入ってたし。

ということで、その写真は撮るのを忘れてました。
チャキチャキ組んで行っちゃったので、すっかり。

春はもうそこまで来てるはず。
はやく乗り出したいねぇ、John♪
最近、将来について少し悩んでるJohnのAtrasでした。
スポンサーサイト
Something | 2010/02/22(月) 00:12
忙しい!

今月中に、なんとか今年のRaceの車両を作り終えたくて、
仕事が終わってから、自分のバイク作ってて。

仕事が終わった後に、さらに何かをするって、ホント、こう何というか、
気力がいるというかね。
重い腰を上げるってのはこういうことなんだろなぁと。
いくら好きなことをやるとはいえ、やっぱり仕事の後は、大変よ。

ということで、ちょっとまた別の話。

前にも、書いたんだけど、うちの店の周りちょっと変なのさ。
まぁ、要するに、Manhattanとは言っても、ピンからキリまであるわけで。
不思議な人が多かったり、いまだにDragに溢れてたりね。
で、こないだ、突然内の店に電話があって・・・


客A 「おまえんところの店、JapaneseBike直すか?」

Hugh 「いや、うちBritishのVintageしかやらないんだよね」

客A 「Clutchが壊れてるんだけど、部品はあるんだ!ちょっとで直ると思う」

Hugh 「いや、だから、うちBritishしかやらないんだよね」

客A 「じゃぁ、このバイク買ってくれないか??」

Hugh 「買ってくれ?いや、うちはだから、JapBikeはいらないって」

客A 「400ドルでいいんだ、YamahaのRDなんだけど・・・」

おれ 「YamahaのRD??? そのバイク買った!!」


ということで、ひょんなことからうちの店に迷い込んできたRD350。
DSC06987.jpg  DSC06988.jpg


昔から、一度空冷2st乗ってみたくて、欲しかったRD。
しかも、400ドルって言ってたけど、バイク持って来たときに、
その場でCashで300で商談成立♪
350CCのバイクを300ドルで購入♪

「排気量>価格」

これ、理想ね。

ということで、早速ばらしてみましょう♪

ここがClutchが飛び出してきた場所。
どうやら、Springが緩んでて、飛び出したらしい。開けていきましょ♪
DSC06989.jpg


その、客Aは、自分で中古のClutchBasketをどこからか手に入れてたので、
ただただ、交換して終了。
DSC06992.jpg  DSC06995.jpg


むしろ、問題は、OilPumpにあって、どうやら、OilPumpが動いてないらしい様子。
DSC06991.jpg  DSC06997.jpg


Oil Pump、開けていきましょ♪
どうやら、YamahaのPartslistにも、OilPumpもAssyでしかオーダーできないようで。。。
しかも、2stのOilPumpの知識も全然無く、仕方なく手探り。。。
日本にいる心やさしい方に助言を頂、どうやら、このPumpに入っているPinがどうやら、短い様子。
写真に写ってる短い2個のPinがもともと入っていたもので、長いのが適当に作ったPin。
このPinがOilPump内のギアの内側に噛むことでPumpが回るわけで。
DSC06996.jpg  DSC07019.jpg


とくに問題なく作動したのでOK♪

ちなみに、CluthのBasketにあった刻印が、これまた古い。
昭和49年の7月28日だってさ。
1975年生だもん、そりゃぁ、そうだよね。
俺より5個も年上だ。
DSC06993.jpg  DSC06990.jpg


ということで、完成♪
DSC06998.jpg


表出したら、元気よく走り出しましたとさ。
ただ、今はRaceのバイク作らなくちゃいけないので、RDはここまで。
Raceのバイク終わったら、いじっていきましょうと。
そういや、先日、ここNYCで、
「2010 International Motorcycle Show」なるものが開催されまして。
行ってまいりました。

いやぁ、正直、こういうModern BikeのShowとかは、ほんと興味ないのさ。
去年も、おととしももちろん行かなくて。
じゃぁ、どうして今回は行くことになったかというと。

NYCにVintage MotorcycleっていうOrganizationがあるのさ。
略してVinmoto。
で、まぁ、そのVinmoto NYCが今回そのShowにSpaceを借りてて。
NYCのVintage Bikeをある程度展示することになったらしい。
そこで、うちの店になにかShowに出せるようなバイクはあるかと??

まぁ、そのVinmotoのなんかそういうのやってるのが、うちの近所に住んでるSethっていうあんちゃんなんだけどさ。
割といいヤツなわけで、毎日朝と夕方、仕事の行き帰りに寄っていくのさ。ちゃりんこで。
Brooklyn Machine Worksっていうところでなにやら仕事してたり、
自分で100CCのRacer作ってRaceしてたり。
で、これが、そのRacerと、子供とSeth。
IMG_0647.jpg  IMG_0651.jpg


まぁ、そんなこんなで結局うちから2010年、今年ModelのHugh MackieのRace用の車両が、
ちょうどできてたので、それを持っていくことに。
これは、Niel。うちの客でModelさん。  こっちがうちのバイクと、51歳Hugh Mackie♪
IMG_0640.jpg  IMG_0644.jpg  IMG_0645.jpg


さてさて、ここからは、当日のShowの様子をダイジェストでババババァ~っと。


これ、VinmotoのSpaceで、Agustaの750Sとか、あとHondaがずらぁ~と。
IMG_0648.jpgIMG_0646.jpg


この辺からは、すげぇ。Board Raceって、もうそれこそ100年以上前のRace。
木の板で、BankありのHalfMileみたいなRace。
死人が沢山出て、1900年の30年とか、その辺で中止になったんじゃなかったかな?
これ、前後Brakeなしだってさ。どうすんのさ???
IMG_0686.jpg  IMG_0687.jpg  IMG_0688.jpg


これもそれ。     ↓これ、おかしくない?何?この皮の飛行帽みたいの?
IMG_0674.jpg  IMG_0675.jpg  IMG_0676.jpg
IMG_0677.jpg  IMG_0678.jpg  IMG_0680.jpg


で、こっちは、Hill Climb。このChainがいいねぇ♪
IMG_0685.jpg  IMG_0683.jpg  IMG_0682.jpg


で、これがBSAのA65をTrackMasterのFrameに載せたTTRacer。
ふむ。唯一、この、個人的に好きではないEGの形がかっこよく見える瞬間。
Flat TrackのRacer仕様のA65は、かっこいい♪
IMG_0695.jpg  IMG_0694.jpg  IMG_0693.jpg


こんなBikeをさぁ、よく持ってるよね。
IMG_0689.jpg  IMG_0691.jpg


これも。
IMG_0703.jpg  IMG_0704.jpg


だんだん、この辺から、趣向が変わって・・・
IMG_0708.jpg  IMG_0709.jpg  IMG_0710.jpg


こんなのもあった。
IMG_0712.jpg


これ以下は、もうコメントできません。
正直・・・「無理」です。とにかく・・・「無理」
IMG_0657.jpg  IMG_0658.jpg  IMG_0660.jpg
IMG_0661.jpg  IMG_0662.jpg  IMG_0665.jpg
IMG_0668.jpg  IMG_0669.jpg  IMG_0653.jpg
  IMG_0655.jpg  IMG_0656.jpg  IMG_0702.jpg
IMG_0701.jpg  IMG_0696.jpg  IMG_0697.jpg
IMG_0698.jpg  IMG_0699.jpg  IMG_0700.jpg


もうさぁ、クマとか、スパイダーマンとか、そういうのは・・・やめよ。
プロフィール
 

2F2L

Author:2F2L
Fumi

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。