上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
Sonicweld Project | 2010/03/14(日) 00:38
忙しい。
実に忙しい。
今年に入ってから、仕事が終わってから毎日こつこつと、
こっそりとやってたことがありまして。

ある程度の形になってきたので、この辺で紹介していこうかと。

そもそもの始まりはこれ。
DSC06000.jpg


このFrame。
Track Masterの前身であるSonicWeldのRacing Frame。
たぶん67年のものだと思うな。
このFrame何かとTradeしてひょんなことからうちの店に入ってきたわけ。

でも、なかなかこれに載せるいいEngineが見つからなくて。
もともとは、これ、Triumph250CCが載ってたようなのだが、
まぁ、Triumphの250は、まぁ、割とHopelessなわけで、せっかくなら500を載せたいねと。
で、結局2年くらいうちの店に転がってたんだけど、いい500のEngineが見つからず、
どうしようかと思って矢先。


去年の年末前、12月も中旬。
うちのOwner Hugh Mackieが朝おれが店に行くと
DSC07093.jpg

 Hugh「Fumi、500のエンジンを売ってくれるってやつを見つけたぞ!」
 Fumi「そりゃぁいいじゃんん!」
 Hugh「ただ、問題があって、500ドルで譲ってくれるって言うんだけど・・・」
 Fumi「なに?問題は???」
 Hugh「その500ドルが無いわけよ」
 Fumi「えぇ!!いいよ、じゃぁ、おれ出しておいてあげるよ500くらい」
 Hugh「ほんとか?ホントにいいのか?」
 Fumi「だって、そのエンジン手に入って組んだら、このSonicWeldが組めるわけでしょ?」
 Hugh「そりゃぁ、もちろん!ただ、エンジンもお前自分でやるか?」
 Fumi「全然やるよ!だって、Sonic走ってるとこ見てみたいしさぁ」
 Hugh「・・・」
 Fumi「・・・??」
 Hugh「Merry Christmas Fumi!!
    This sonic is yours!!」

ということで、なんと、このSonicWeldのFrame、
うちのおっさんクリスマスプレゼントとしておれにくれました♪
人生で一番うれしかったプレゼント。
DSC06000.jpg


ということで、善は急げ、早速コネチカットまでDrive。
行くこと4時間弱。
ガラクタばかりの500のエンジンを結局購入。

行ってみると、ケースが4つに、ごみのようなピストン、
ごみのような部品たちに、ごみのようなものばかり。
一応、その人が言うには、たぶん、たぶん、ばらして組んでいけば、
1個はエンジン作れるのではと。
ほんとに、これ使えるの?っていうモノばかり。
こりゃ、500ドルかまされたか???

DSC06001.jpg  DSC06002.jpg
DSC06003.jpg  DSC06007.jpg
DSC06004.jpg

ふぅ~ん。
さぁてどうなることやら・・・

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2f2l.blog123.fc2.com/tb.php/32-60e5e019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

2F2L

Author:2F2L
Fumi

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。